【驚愕】いとこ同士で結婚し妊娠した結果wwwwwwwwww

wedding_couple.png
1: 2020/01/13(月) 19:35:46.27

日本の民法でいとこ同士の結婚は認められているが、アメリカでは25の州で禁止されており、制限なしで認めているのは19の州だけだ。
そんななかユタ州で定められた法律に違反して結婚、今年5月に出産を控えているいとこ同士のカップルがメディアに登場し「ユタ州でも私たちの関係を認めて欲しい」と訴えた。

ユタ州イーグル・マウンテンに住むマイケル・リーさん(Michael Lee、38)とアンジェラ・ペアンさん(Angela Peang、38)が結婚したのは、昨年3月のことだった。
アンジェラさんの父はマイケルさんの母の兄にあたるため2人はいとこ同士だが、同州の法律では双方の配偶者が65歳以上、もしくは55歳以上で妊娠できないと証明できる場合にだけしか結婚が認められないため、婚姻証明書は隣のコロラド州で手に入れた。

アンジェラさんは現在、妊娠5か月でユタ州在住のままで出産となれば、カップルには1万ドル(約109万円)の罰金か5年の懲役刑が科されることになる。
しかし2人は「私たちは愛し合っているの。ユタ州でもいとこ同士の結婚が認められるよう、SNSで嘆願書を作成して署名を集めているところよ」と強気の姿勢を崩さない。

2018年のコロンビア大学の研究によるといとこ同士の場合、子供に遺伝子疾患が現れるのは4~7%だそうで、血縁関係がない場合の3~4%と比べると若干ではあるが高い割合になるようだ。
しかしアンジェラさんは「子供に影響がでないか、妊娠前に遺伝子検査をしたの。周りからはリスクが高いとか無責任とか散々言われたけど、赤ちゃんに問題はないはずよ」と語っており、新しい命の誕生を心待ちにしている。

アンジェラさんとマイケルさんが初めて出会ったのは7歳の時で、すぐに意気投合。ファーストキスもこの時に済ませたそうだ。

マイケルさんは自分の母親に「僕はアンジェラと結婚するよ」と宣言したが、「友達でいなさい」となだめられ、彼女への想いはずっと心の中にしまっておいたという。
1年後に再会を果たした2人だがその後は疎遠になり、それぞれが別のパートナーと結婚。アンジェラさんには17歳、16歳、12歳になる3人の子供がいるが、2010年に離婚。一方でマイケルさんは4年の結婚生活を経て2012年に離婚した。
そして2018年10月にFacebookを通して連絡を取り合うようになり、12月に開かれた親戚のクリスマスパーティで3度目の再会を果たしたのだ。

アンジェラさんは「シングルの立場で出会って、お互いにこの人だって感じたの。私たちの関係を毛嫌いする親戚もいるけど、気にしないようにしているわ。末娘にも最初は反対されたけど、今ではとてもいい関係を築いているの。
結婚という形をとったのは、自分たちや産まれてくる赤ちゃんを守るためよ。愛し合っているのだから、いとこ同士が性的関係を持ってもそれは当然のこと。彼との相性は全てにおいて抜群なの」と明かしている。

そしてマイケルさんも「結ばれるべき人と一緒になったんだから最高だよ。いとこだからという理由で、惹かれ合う2人が離れ離れになる必要はないでしょう。ユタ州でもいとこ同士の結婚が認められるようになることを願っているよ」と語っている。

ちなみにこのニュースには、「愛し合っていることこそ重要」「自由の国なんだから、制限を設けるべきでない」「彼らが望んだこと。好きなようにさせてあげたら」
「LGBTQ(同性が好きビアン、同性が好き、バイセクシャル、トランスジェンダー、ジェンダークィア)も認められる時代。いとこ同士だっていいんじゃない」「うちの両親もいとこ同士。この2人を応援したい」「アインシュタインもいとこ同士の結婚だったそうだよ」
といったコメントがある一方で、「やっぱり嫌だわ」「認められないのには訳がある」「何世代にもわたって近親婚を繰り返すから問題になるんだ」「法律で認められているコロラド州で暮らせば?」「子供に問題がないって100%言えるの? やはり心配」
といった否定的な意見も見受けられた。

なお10か月前にSNSに投稿された2人の嘆願書には、目標数2000人に対して1月11日時点で1594人のサポーターの署名が集まっている。はたして2人はユタ州の法律を変えることができるのか。赤ちゃんの出産予定日は5月22日とのことだ。

■画像:いとこ同士で愛を誓い合ったカップル
https://static.techinsight.jp/wp-content/uploads/2020/01/cousinlove0109-300x267.jpg



日本に帰化するしかない


4: 名無しさん@1周年 2020/01/13(月) 19:37:53.79

子供に障がいの出る確率は少し高い


5: 名無しさん@1周年 2020/01/13(月) 19:38:13.85

はとぽっぽ


6: 名無しさん@1周年 2020/01/13(月) 19:38:16.75

単に遺伝の問題なら、パイプカットして養子を取れば兄妹でも結婚出来ることになる筈。


100: 名無しさん@1周年 2020/01/13(月) 20:32:13.59

>>6
なんでも養子で済まそうとするのは日本人くらいだろ。


8: 名無しさん@1周年 2020/01/13(月) 19:38:31.34

日本じゃ合法


9: 名無しさん@1周年 2020/01/13(月) 19:39:14.18

いとこなんて他人だろ


10: 名無しさん@1周年 2020/01/13(月) 19:39:43.02

親子までなら許そう


11: 名無しさん@1周年 2020/01/13(月) 19:39:52.31

いとこなんて親族じゃん


13: 名無しさん@1周年 2020/01/13(月) 19:40:52.81

小さい頃はいとこの姉ちゃん好きだったなぁ
中学生ぐらいになったら性的に好きだったわ
ある時期からさっぱりそういう感情が消えて家族、身内みたいなのにすり替わったが


18: 名無しさん@1周年 2020/01/13(月) 19:44:05.52

いとこ同士なんて同姓愛者の我が儘婚に比べたら全く問題じゃないよな


20: 名無しさん@1周年 2020/01/13(月) 19:45:59.82

ファーストキスの相手がいとこってのは割と多いと思う(実体験


31: 名無しさん@1周年 2020/01/13(月) 19:51:09.21

>>20
えぇ


38: 名無しさん@1周年 2020/01/13(月) 19:53:39.82

>>20
キスはともかく初パンチラは従姉ってかなりいるだろ


22: 名無しさん@1周年 2020/01/13(月) 19:47:25.75

LGBTはなぜか近親婚には厳しい


26: 名無しさん@1周年 2020/01/13(月) 19:48:24.38

もしかして日本みたいに従兄弟でも結婚出来る国って少数派?


40: 名無しさん@1周年 2020/01/13(月) 19:55:01.57

>>26
少数派なのかねえ?英国を舞台にしたドラマでいとこ同士で愛し合ってしまい結婚できない間柄なので悩むというドラマがあったのを思い出す
日本では菅さんとこみたいにいとこ同士でも法的には結婚できるが、実際しようとすると反対されるケースも多いだろうとは思う


42: 名無しさん@1周年 2020/01/13(月) 19:55:43.77

>>26
王族の影響が強い国は結構多いんじゃないのいとこ婚
むしろ推奨って感じで


50: 名無しさん@1周年 2020/01/13(月) 19:59:26.82

>>26
> もしかして日本みたいに従兄弟でも結婚出来る国って少数派?

日本が野蛮すぎる
いとこで結婚なんて外国ではタブーだよ


54: 名無しさん@1周年 2020/01/13(月) 20:01:02.06

>>26
いとこ同士で結婚できる国の代表として日本が馬鹿にされるくらいには少数派


93: 名無しさん@1周年 2020/01/13(月) 20:29:28.10

>>54
ググってみたら先進七カ国のうちいとこ婚禁止してるのアメリカだけじゃん


29: 名無しさん@1周年 2020/01/13(月) 19:49:09.62

アメリカでも州で法律が別れてるのか
たまにあるけど引っ越しの時は大変だな


30: 名無しさん@1周年 2020/01/13(月) 19:50:26.11

知り合いいとこ同士で付き合ってるよ


39: 名無しさん@1周年 2020/01/13(月) 19:54:08.28

愛があれば親子でも結婚できる国はあるのかな
日本は結婚するくらいなら親と暮らす人も多いし、あるいは


21: 名無しさん@1周年 2020/01/13(月) 19:47:17.01

子供さえつくらなければいいと思う
子供ができたら問題だから禁じられてるんじゃないの?

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1578911746/


この記事へのコメント

  • 認められてる州に移住すればよいのでは?
    2020年01月15日 18:49